« 図書館の本棚と書庫 | トップページ | 高知図書館合築問題 »

2010年10月 4日 (月)

自治と図書館

 図書館がなぜ、村に、町に、市に、都道府県に、国に、地球にあるのかというと、自治のためだからである。村人の知的自立から人類の知的自立まで図書館は必要なのである。
 真実、自立している、自ら統治しているということは、経済的な面も大きいが、何より、精神的・知的側面が大きい。物質文明において、自立できない地域は確かにたくさんあるが、精神文明において自立していることの意味は大きい。
 これは偏狭な郷土意識や民族意識を言うのではなく、自我から発した地域のあり方である。
 図書館とは、読書とは、最終的に、自分自身と対決するところである。
 人間は、常に自分自身を超克せねばならない。
 かくして、人間は真の意味での進歩を遂げる。地域も発展する。図書館とは登るべき山である。

|

« 図書館の本棚と書庫 | トップページ | 高知図書館合築問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162262/49642648

この記事へのトラックバック一覧です: 自治と図書館:

« 図書館の本棚と書庫 | トップページ | 高知図書館合築問題 »