« 教育としての図書館 | トップページ | ビューロクラシーとは »

2007年1月14日 (日)

図書館と司書の必要性は誰が決めるのか

 図書館とその専門職である司書に必要性が客観的に存在しないのであれば、そのことについていくら主張しても意味はない。
 また、図書館で仕事をし、そこの司書である人間は、普通、当然、必要だと思っている。ただ、生活のためだけに仕事をしているのではなく、それが社会にとって必要だと思っている人間ならなおさらである。
 図書館の人間が、図書館の必要性や司書の必要性を主張すると、それをすぐ保身だと言う人がいるが、そうではなく、図書館が好きで本当に必要だと思っているからである。

 なぜか。

 今のたいていの公立図書館の職員にとって、仮に図書館が廃止されたり、司書の職が廃止されたりしても、本当に困るかというと困らないのである。
 私も生活という面では困らない。

 なぜなら、私は司書の資格を持っているが、私の自治体は、司書の専門職採用をしておらず、私は一般事務職である。だから、図書館がなくなったところで、他部門へ異動すればいいだけの話で、失業するわけではない。

 司書の専門職制度を持っている数少ない自治体が、仮に図書館をなくしたとしても、職種の転換を行えばいいだけの話である。強引なことを言えば、分限免職という方向性もこれからは出てくるだろうが、一方で、そうはなかなかならない事情もある。

 なぜか。

 今は公務員が多すぎると言われている。それで、どんどん削減されているが、やがて公務員が少なくて困る時代がやってくる。
 増大する福祉部門の公務員が少なすぎて困る時が来つつある。
 だから、指定管理者導入や委託で浮いた職員は、福祉部門につぎこまれる。
 もちろん、そういうところでも悪の人買い屋が活躍するので、正規の公務員は減るだろう。でも、今、現在、正規の公務員をクビにするのは大変である。それで、ミッチーのお子さんが、行革担当になり、突破者として、公務員制度を変えようとしているわけだ。

 やがて、失業した公務員が社会問題になるだろう。なぜかというと、テロだの事件だの革命騒ぎを起こしまくるだろうから。まあ、その対策として、憲法改正して自衛軍に入れるんだろうな。江戸幕府の武士が軍隊や警察に行ったように。そんなことすれば、ニートが行くところがまたなくなってしまうだろうに。

 話がそれた。

 いずれにしろ、図書館職員が失業することを恐れて、民間委託や指定管理者制度導入に反対しているわけでは実はない。
 いや、もし、そんな危険があるなら、みんな、もっと死に物狂いで反対し、自分の図書館のサービス向上に邁進するだろう。そういう危機感がないから、「困ったねえ」くらいで済ませているのだ。
 むしろ、図書館など、役所では左遷部署なので、左遷された使えない人間が、こんなところは要らないんだと声高に叫んでいる日常である。
 本当は、「あんたが要らないのだ」と言ってやりたいところである。

 民間に、図書館の職を開放なんていうのは実はくだらない。

 なぜかというと、儲からないからだ。

 儲からないことを企業がやってどうするのだ。

 少なくとも、現場のスタッフにとってはいいことは何もない。

 民間に開放とやらで儲かるのは、人材派遣とかいう人身売買の会社だけだ。

 図書館やそこの専門職の必要性は、本来、住民が決めることである。住民の代表である首長や議員が、図書館なんかそこそこでいいと言っているんだから、それでいいではないかというのはひとつの考え方である。

 実際、住民の図書館認識が日本の図書館の程度を決めている。

 いくら、首長や議員の悪口を言ったところで、それは、住民の程度の反映なのである。アメリカやイギリスや北欧で図書館なんか適当でいいなんていう住民はそうそういない。それは、現にいいサービスを受けているからでもあるが、いいサービスを期待して、そういう政策を展開するところを行政にすえるから、図書館が発展していくのである。

 日本はその逆のスパイラルになっている。

 哀しい。

|

« 教育としての図書館 | トップページ | ビューロクラシーとは »

コメント

私の市に、新しい、立派な図書館を作る計画があります。
健康増進施設と、スーパーのような買い物のできる施設と、図書館の複合型だそうです。
市民に知らされた時には、建設課などによって、すでに建物の青写真が出来ている状態らしく、市が、この計画の市民委員を募集する段には「市民の委員も入れましたよ」的なお飾りのあつかいのようです。どんな図書館にしたいかなんていうのは、そもそも聞く気がないのです。市民にアンケートなり、意見を聞いてもらえる場をもたぬまま、こんな大金のかかるプロジェクトが進んでしまい、また、ハコモノかーと思いました。
複合型っていうのは、流行りなんですかね。藤枝の図書館とか。
健康増進施設とは、アクトスのような、フィットネスクラブを入れることを安易に考えているようです。企業なんか不景気になれば撤退するのに。
肝心の図書館の中身は、専門家の大学教授のご指導の下、決まっていくみたいです。納税者なのにな。本が好きだし、現在の図書館でもヘビーユーザーだし、新しく図書館を作ること自体、反対しないけど、でもすっきりしないものがある。
司書を職員としてきちんと採用するつもりはないらしく、新しい図書館は現在の図書館のちょっと大きい版、というだけになりそうです。

投稿: cat | 2009年6月23日 (火) 16時44分

ヨーロッパやアメリカでいくつもの図書館を見てきました。IFLAやALAの大会にも参加しました。だから、少しは事情がわかるつもりです。

おっしゃるとおり、図書館の必要性は、ユーザーが決めることです。図書館に来る人、来たいけれど来れない人。そんな人たちが決めればいい。関係ない人は口を出すなと言いたくなります。

日本の図書館の状況は確かに哀しいです。情けないことに多くの館長がライブラリアンでないし、ライブラリアンの仕事も理解されていない。当然の結果として、給与水準はとても低いですよね。

どうにかなるといいですが、良いアイデアはあまり浮かんできません。そんなことなので、書きながら考えようと思っています。変なことを書くかもしれませんが、お許しください。

民営化。してみたらどうでしょうか。民営化すると、たぶん、開館時間が変わると思います。勤めている人が来ることのできる早朝とか深夜とかにも開館するようになると思います。そうしたら、たぶん、たくさんの人が来ると思います。

ボストンの図書館に寒い日に行ったら、貧しい身なりの人たちが図書館のいすに座り、机に突っ伏して気持ち良さそうに眠っていました。日本で今そういう人が行くのは、たぶん、ネットカフェとか漫画喫茶ですよね。そんな人が図書館に行くのって、そんなに悪いことではないと思います。

民営化したら、たぶん、スターバックスかなにかが館内にできて、賑わうでしょう。待ち合わせ場所にもなるでしょうし、図書館の存在がありとあらゆる人に知れ渡ると思います。

人がたくさん来れば、予算も増えます。そうしたら、本や雑誌だけに限らず、ありとあらゆる情報媒体を揃え、無料で提供する。TSUTAYAなどの店はみんな閉店に追い込まれるでしょう。

館内では、無線LANを提供するだけでなく、コンピュータを用意します。映画も漫画も無料で見ることができると知れば、だれもネットカフェや漫画喫茶に行かなくなります。グループのために少し大きめの部屋を用意すれば、映画館に行く人もいなくなります。

そうなったら、今度は、イベントです。ニューヨークの図書館のように、一年を通して次から次へとイベントを開催します。そのイベントをネットで配信し、アーカイブとして保存する事で、バーチャル・ライブラリの出来上がりです。

そうなったら、カタログやインデックスは止めます。なんでもかんでもディスクに放り込んで、グーグル・サーチ・アプライアンスに探させます。どんなものでもすぐに見つかるので、多くの人が訪れます。

そういうポジティブなスパイラルが待っているのなら、民営化も悪くないでしょう。商売になるかどうかはお金を出す側が考える事です。気の利いた経営者のところに行けば、すぐにでも投資してくれるはずです。

最後にもうひとつだけ。日本で図書館がレスペクトされない本当の理由はなんでしょうか。日本で情報の大事さが理解されていないからではないでしょうか。第二次世界大戦も情報で負けたようですし、経済がこんな状態になったのも情報を操られているからだと思います。

ここはひとつ、ライブラリアンが集まって、情報の重要性を訴え、情報を国の中心に据える事で日本を救おうではありませんか。その時はもちろん、日本中の図書館がその役割を担うのです。

勝手な事を書いてすみません。言いたい事は書けました。

「ほどよい司書の日記」(ずいぶん長いあいだ「ほろよい日記」だと思っていました)、とても良い日記ですね。いつまでも続けてください。

投稿: Shinichi | 2012年6月24日 (日) 03時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162262/13490895

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館と司書の必要性は誰が決めるのか:

« 教育としての図書館 | トップページ | ビューロクラシーとは »