2012年7月29日 (日)

TSUTAYAが図書館をやることについて

 公共図書館というのは、自治の基礎だと思う。その昔、アメリカの独立宣言を起草したフランクリンは図書館クラブを始めた人だ。自治や自由のためには図書館が必要であることを知っていたからだ。
 だから、そもそも、図書館の全面的委託とか指定管理ということについては、基本的には賛成できない。
 民間企業のTSUTAYAが利益ではなく、地域の自治や自由を最優先に考えるのかどうかというのは、正直、疑問だけど、今の、地方自治体の状態を見ていると、地方自治体自体が、地域の自治や自由を最優先に考えているのか怪しいところもあるから、あんまり決めつけた言い方もできないかもしれない。
 しかし、率直に言って、このような自治体の司書だったら、たぶん、私は辞表を出して、路頭に迷っていると思う。
 司書になりたいという人は、図書館で仕事をしたいのであって、TSUTAYAで仕事をしたいと思っているわけではない。
 誤解がないように言っておきますが、私は代官山の蔦屋書店も面白い書店だと思うし、近くにあるTSUTAYAもいい書店だと思っているし、DVDも借りるし、ドトールでTポイントは貯めるしで使いまくっているので、何の恨みもありませんが、やっぱり、公共図書館と書店とレンタル屋さんとは違うと思うんです。ただ、それだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

知財国家としての日本と図書館

 日本の先行きはだんだん怪しくなってきている。それは円高だの、あるいは、急にインフレが来るだのそういう話ではない。基礎力がどんどん衰えていると思うのだ。
 農業の生産性は昔に比べれば高い。だから、なんら程度の高い生活を望まなければ、日本人全員農業に従事していれば、食うには困らないのではないだろうか。そういう意味では砂漠だらけのところや作物もろくに育たないところのように過剰に心配してもしょうがない。
 まあ、そういうふうにして文明国から脱落するのでなければ、これからの日本の進むべき道はただひとつ。日本人は猿真似で創造性がないという汚名を返上することだ。
 ひらたく言えば、知財を大事にするということだが、それ以前に知識資源を大事にしないといけない。そこらじゅうに教育機会と知識資源が満ち溢れている社会にしないといけない。そのために一番充実すべきは大学と図書館だ。
 これは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

書店や図書館がなくなる日

 タイトルのような日は実際、来るかもしれない。
 インターネットや電子書籍や電子図書館のコンテンツが充実し、また、その信頼性も向上し、ブロードバンドがもっと普及し、電気もあまり食わないで済むようなものが開発され、電子ペーパーも高度化し、紙のように折り畳めるデバイスもできたといったような時代になれば、もう、近所の図書館や書店はいらなくなるかもしれない。
 かわいい司書さんでもいれば別だが、うっとうしい奴しかいなかったら、そっちの方がマシだと思う人もいるだろう。
 そういう時代になれば、自分は失業するが、国民の利益を損ねてまで、自分の職に固執するつもりはない。
 ただ、どうしても言っておきたいのだが、そういう状況を創り出すためには、むしろ、今の図書館や書店を大事にしなければならないということだ。
 国立国会図書館には膨大な資料があるから、これを電子化すればかなりのものは電子化されるだろう。しかし、地方の図書館にしかない資料もたくさんある。また、日本人が本好きなのは、ひとえに書店さんのおかげである。電子書籍にしようとなんだろうと、読む人自体が減ればビジネスとしては成り立たなくなる。今まで紙の本を全然読まなかった人がある日突然、アマゾンから買うようになったなんて考えにくい。
 電子書籍もしかり。
 書店というのは、いやがおうでも見えてくるから、地域の文化センターみたいな位置づけはあるわけだ。
 なんでもかんでもネットで取り寄せるようになると、そのうち、自動車依存さえ廃れ、引きこもりのように建物の中にいて丸太ん棒のように太ってしまうのではないだろうか?
 そうなると、生きている間、ほとんどパソコンの画面を見ている人間ばかりになったりして。そういう人、すでにいると思うが。
 すでに音楽分野は電子図書館状態だ。ただ、生の演奏の魅力は消えていない。もしかしたら、朗読文化や語りの文化が復活したりして。本来、物語はそういものを写し取ったものだ。
 進化は必要なんだけど、今までのものをすべてサンク・コスト扱いするのはどうかと思う。大事にしていきたい何かはある。空間や場があるということは意外と重要な要素だ。これからの図書館や書店は人と人の出会いを大事にしていった方が存在価値はありそうである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

お話会は図書館の専売特許じゃありません

 図書館の司書で、お話のうまい人はたくさんいて、結構プロはだしだったりする。

 ただ、お話会は図書館の専売特許ではもちろんない。保育士や幼稚園・学校の先生もやっている人はやっている。

 そういえば、警察も紙芝居とか熱心にやっている。

 でも、一番いいのは、家で親やおじいちゃん・おばあちゃんや、おじさん・おばさんが子どもにお話すること。本を読んでもいいけれど、自分の経験を話すのでもよい。もともと、お話ってそうやってできてきたのだから。

 ここが薄くなってきてしまったのが、現代のなんとなくつまらないところなんだろう。

 大人にとって当たり前の話でも子どもにとってはそうではないから、昔の変なことでも話してみたら? 案外、興味を示すと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

高知の県立・市立図書館合築・一体化問題の本質は何か

 高知のこの問題は、どういうわけか全国的な話題にされていない。

 なぜか? 全国の他の地域では考えられない問題だからだ。

 高知の問題は実は「図書館の問題」ではない。図書館サービスや図書館政策に本当に関心のある人が行政当局にも県民にもほとんどいないのだ。

 高知の図書館の利用率は恐ろしいほど低い。図書館自体が貧弱だから仕方ないのだが、もともと本と縁遠い土地のようである。

 高知県は学力も沖縄の次に低い。

 知的関心自体が低い土地柄でもある。酒は東京に次いで消費量が多い。東京は、全国から人が集まって酒を呑んでいるわけだが、高知はそういうわけではない。高知県内では高知ナンバーの車ばかりである。そんなに全国から人が集まるところではない。

 つまり、日本一酒飲みで学力が低く本を読まない県ということである。

 こういうところでは、図書館が合築だの単独だの、どうでもいいと思っている人が大半だろう。

 そういう背景・風土があるから、合築推進派は強気でいられるのだ。合築推進派は図書館サービスを考えて推進しているわけではなく、もともと、建設コストを減らしたい、中心市街地に何かポーズを示したいというだけなのである。

 何しろ本を読まない風土なので、ものを考える習慣がない。

 従って、合築構想自体、考えがあって行おうとしているものではない。

 単に高知市側の合併特例債期限に間に合わせて一緒くたにつくってしまおうというだけの話である。県立図書館はそれまでずっと放置していたので、どうにかしなければならなくなっており、さすがの文化果つる高知県でも廃止は言えないからこういう形でごまかそうとしているだけなのだ。

 高知県外からも新図書館の検討委員を入れたら、びっくりするようなことをいっぱい言われて、あわてて資料費をつけたりしている。

 そういうとんでもない後進性を示しているだけの例に過ぎないのだ。

 高知県が貧乏だから、いろいろできないのではなく、すべてこの調子だから貧乏なのだろう。それで脱藩者が後を絶たないわけである。みんな坂本龍馬に続いているのである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

高知図書館合築問題

高知のこの問題はどうも合築そのものが目的のようだ。ここにも手段の目的化がある。地方政治もいよいよ断末魔だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

自治と図書館

 図書館がなぜ、村に、町に、市に、都道府県に、国に、地球にあるのかというと、自治のためだからである。村人の知的自立から人類の知的自立まで図書館は必要なのである。
 真実、自立している、自ら統治しているということは、経済的な面も大きいが、何より、精神的・知的側面が大きい。物質文明において、自立できない地域は確かにたくさんあるが、精神文明において自立していることの意味は大きい。
 これは偏狭な郷土意識や民族意識を言うのではなく、自我から発した地域のあり方である。
 図書館とは、読書とは、最終的に、自分自身と対決するところである。
 人間は、常に自分自身を超克せねばならない。
 かくして、人間は真の意味での進歩を遂げる。地域も発展する。図書館とは登るべき山である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

図書館の本棚と書庫

 どうも、いろいろな人と話してきて、図書館の本棚と書庫について根本的な理解不足があるのではないかと思った。本棚とか書庫とか言っても、常に利用する人がいるので、ただの物置ではない。
 したがって、頻繁な出し入れも想定しなければならない。もちろん、程度の差はあるから、あまり出し入れのないものは、集密書庫だのに入れてもいいのだが、これだって、よく、ほかの職員とかちあう。そのときは、相手が出し終わるのを待っていなければならない。
 ひどい人は、図書館の本棚を端から端までぎゅうぎゅう詰めにするものだと思っている人がいる。納まりきらなくてぎゅうぎゅう詰めになっている図書館はあるが、これはいい状態ではない。なぜなら、これでは新しい本を入れられないからだ。
 図書館の本棚は基本的に分類順だ。受け入れ順ではない。分類順の方が同じテーマで本が探せて便利だからだ。利用するための本棚であって、ただの本の置き場ではない。受け入れ順で管理する方法もないわけではないが、昔から言われながらちっとも流行っていない。よほどできのいい検索システムが必要だが、本棚の前に行って、中身をぱらぱらと見る方が速いのである。受け入れ順で効率的なシステムはせいぜい自動書庫だが、これも疑問符だ。売っている人には申し訳ないが。よっぽどの大規模図書館で予算があり、利用者が自分で検索する能力の高いところでないと無理だと思う。

 高知の話は駐車場と書庫でもめているが、どうも「書庫」という言葉がよくないのかもしれない。

 駐車場に例えればいいかもね。船積みするくらい狭い駐車場だったら、出し入れに困りますよね。駐車場と言っても、車を置くスペースだけでなく、車を出し入れするスペースも必要です。書庫も同じなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

道州制と県立図書館

 もしかしたら、高知県と高知市の図書館一体化は道州制をにらんだものなのかもしれない。道州制になれば、県はなくなってしまうから、そのときは、単に高知市立中央図書館とかにするのかもしれない。
 それで、どこかの州立図書館に市町村支援はバトンタッチ、郷土資料も何も渡すということなのかもしれない。
 確かに、郷土資料などは、きちんとした管理をするためにはお金がかかるから、貧乏県は関わらない方がよいのかもしれない。ただ、高知市関係は残るだろう。やっぱり管理にはお金がかかるか。
 しかし、四国州立図書館か、中国四国州立図書館は、高知の山の中まで面倒見れるのかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

コンパクト・シティと図書館

 私は以前、車など嫌いだとさんざん書いたが、いくらなんでも地方の県立図書館に駐車場がないというのは無謀だと思う。それでは、図書館に来るなと言っているのと同じだ。車を使えない人だって、バスに乗って行けるようにしておけばよい。ただし、障害者が乗れるバスにしておくことは必須だ。
 コンパクト・シティという発想は目指すべき発想だが、県立図書館とそれをいっしょにするのは極めて変だ。どうしても規模を大きくせざるを得ないものを小さな中心市街地に持っていくのは、むしろ間違いだ。
 高知県立図書館というところは、都道府県立図書館でもっとも小さい。
 現状が小さいから、県立図書館は本来、大きいものだということを当地の人は知らないんじゃないだろうか?
 でも、知事などは東京の大学に行っているのだから、知らないはずはないと思うのだが、とても不思議だ。
 大きなものに「コンパクト」になれというのは魔法じゃあるまいし無茶な相談だ。
 中心市街地のように建てこんでいるところには、図書館の分館などを持ってくるのが一番良い。あるいは、商店街の空き店舗そのものを商店街の図書館にしてしまえばよいのだ。こういうのはNPOが運営してもよいと思う。もっと商店街そのものが主体的にならないと、どうせダメだと思う。行政のハコモノに期待する商店街なんてダメだと思う。
 コンパクト・シティというのが、何か商店街の活性化といっしょくたになっているが、厳密には区別されるべきだ。生活の利便性を考えると、いちいち車に乗らなくても、ある程度用が足せるということが重要なのだ。だから、図書館などは、市町村でも分館も含めたくさんつくるべきだし、そこに本を貸す県立図書館は多量のストックのために、むしろ郊外にでも建てた方がよいのだ。そんなに県立図書館が前面に出てくることはない。
 たぶん、田舎で図書館が身近になく、図書館を利用するということは、近くの図書館を通じて、日本全体の図書館を利用するということが定着していないのだろう。だから、ビッグな図書館が街の真ん中にできることの方を選んでしまうのだろう。典型的な地方のダメパターン思考だと思う。古臭い考え方だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«高知県というのは不思議な県だ